初めての利用

キャッシング審査が甘いと感じるのは相対的な比較を行った場合に限られる

多くの金融業者の中からキャッシング先を選ぶ際には、金融業者の分類別に比較しなければ正確な判断は難しいでしょう。

なぜなら、銀行と消費者金融では適用される法律がそもそも異なるので、審査が甘いかどうかの判断は一概に出来ないからです。

 

審査に通りやすいカードローンを選ぶ際には、自信の与信力も合わせて判断する必要があります。

消費者金融は大手よりも中小消費者の方が審査に通りやすいのは本当か

消費者金融は、貸金業法に基づき貸付業務を行っているので、総量規制を遵守しなければなりません。

総量規制では、年収の1/3を超える貸付を原則として貸金業者に禁じており、おまとめローンといった債務者に一方的に有利な借り換えが行われる場合以外は認められていません。

 

消費者金融からの借入を行なうためには、少なくとも総量規制に抵触しないだけの年収があり、借入総額が少ないことが前提です。

このため、総量規制抵触が近い人にとっては、銀行カードローンの方が審査基準が甘いと感じることもあるでしょう。

 

大手消費者金融では、他社借入件数が比較的少ない人の申込みが多く、すぐに審査結果を得やすい特徴があります。大手消費者金融の審査に落ちてしまった人が次に申込みを行なう先として、中小消費者金融があります。

中小消費者へ申し込みし直すことで、大手消費者金融で審査落ちしても融資を受けられることがあるために、審査が甘いという評判が立つわけです。

しかし、実際には中小消費者では個別に審査を行なう項目を増やして、スコアリング審査のみで否決しないために審査に通る人がいるだけであって、必ずしも審査が甘いとは限らないと知っておくと良いでしょう。

銀行カードローンの審査は総合的に行われる

銀行カードローンは、銀行法という貸金業法とは異なる法律に基づく融資を行っているので、そもそも総量規制対象外です。

審査結果次第では、年収の1/3を超える融資を受けることも可能ですが、金利が低く設定されているために審査が甘いとは考えられていません。

 

しかし、一部の申込者にとっては、消費者金融よりも銀行カードローンの方が審査基準が甘いと感じられる人がいることは事実です。

具体的には、本人に収入が無い専業主婦にとっては、本人の年収のみで審査が行われる消費者金融からの借入は出来ない事実があります。

 

一方、銀行カードローンならば配偶者の年収を基にした審査を行なうことで、同一生計ならば返済能力があると判断してもらえる可能性があります。

このため、消費者金融からの借入は出来ないものの、銀行カードローンの審査は通過出来るという状態が発生するので、配偶者貸付を利用出来る状態ならば銀行カードローンは、消費者金融よりも審査基準が柔軟だと判断する人が出てくるわけです。

 

銀行カードローンは、返済能力を重視した総合的な審査を行なう傾向にあります。

関連記事

  1. 初めての利用

    銀行カードローンと消費者金融の違いを理解して使い分けよう

    カードローン商品を提供している金融業者は、消費者金融だけでなく銀行カー…

  2. 初めての利用

    キャッシングの審査で職場への電話なしにする方法とは

    キャッシングの審査は申し込みをした人の返済能力を確認するのが重要な目的…

  3. 初めての利用

    利用明細やカードの郵送なしでキャッシングを利用する方法

    キャッシングでお金を借りる契約をすると、いくつか自宅あてに郵送物が届く…

  4. 初めての利用

    在籍確認なしのキャッシングとそれに関わる希望金額

    キャッシングの申し込みをしますと、たいてい金融会社による在籍確認があり…

  5. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点

    キャッシングという金融商品のメリットは、早く借りられる事です。…

  6. 初めての利用

    アコムの審査を受ける上でぜひとも知っておきたいこと

    もし、あなたがキャッシングにお申し込みするのが初めてなら、大手消費者金…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 初めての利用

    フリーターでもキャッシングの審査に通るのか?
  2. 初めての利用

    即日の振込が可能なキャッシングのメリットと対応銀行の注意点
  3. 初めての利用

    家族や勤め先にバレずにキャッシングを行う方法
  4. 初めての利用

    キャッシングは2種類の返済方法を組み合わせて完済を目指す
  5. 初めての利用

    銀行カードローンと消費者金融の違いを理解して使い分けよう
PAGE TOP